お腹

予防のクリームで回避

妊娠線は、肌の急激な変化により、肌の細胞に亀裂が入ってできてしまう線です。妊娠した時から、乾燥と肌を柔らかくする成分のあるものをお腹に塗っておくことで、この線ができにくくなります。低刺激で植物成分を多く含んだ商品を使用します。

お腹のケアクリーム

化粧品

おすすめのクリーム

お腹に赤ちゃんが宿る事は大変うれしい事ですがお腹が大きくなるにつれて妊娠線も気になりますよね。妊娠線の予防に専用のクリームをお使いになられる方もいますが、この妊娠線専用のクリームはどんなメリットがあるのでしょうか。専用のクリームには妊娠中に使用しない方が良い成分や刺激になってしまう成分が含まれていないものが多く、頻繁にお塗になる事も考えて伸びの良い物が多くございます。また出産後にも肌ケアクリームとしてご使用頂けるように、赤ちゃんと一緒に使えるものなども多く販売されています。妊娠線対策の専用クリームは様々な物が販売されていて、選ぶのに悩むと言う方にクリームの選び方について5つのポイントを紹介します。一つ目は肌の表面が乾燥してしまうのを防ぐ為にセラミドやヒアルロン酸が含まれている、長時間の保湿効果があるクリームをお選びください。二つ目は肌の奥まで保湿成分が浸透しやすいように、シラノール誘導体やビタミンC誘導体などが含まれている物がおすすめになります。三つ目は妊娠中の肌はとても敏感になっていますので、肌トラブルを避ける為にも低刺激な物をご使用ください。四つ目は無香料の物になります。何故かと言いますと妊娠中と言うのは普段と違い匂いに敏感になってしまいますので、無香料がおすすめとなります。五つ目は妊娠線の予防をされる時はこまめな保湿が大切となりますので、伸びの良い物をお選びください。妊娠線の予防にクリームを塗られる方はつわりが納まった4か月ごろから対策をなさって下さい。

婦人

母親となっても美しい肌で

女性が赤ちゃんを授かり、日々大きくなっていくお腹に命が宿っていくことで、母親となる自覚が次第に芽生えてきます。母親となっても美しい姿を保ち、妊娠線を予防するためには、自分の肌に合ったクリームやオイルをうまく活用し保湿に努めていきたいです。

妊婦

適当に塗っても意味がない

妊娠線クリームは、ケチらずに沢山使用する事が、お腹の保湿を守るポイントになります。手のひらに500円玉くらいのクリームを取りましたら、お腹に円を描くようにして、ゆっくりと全体に広げていくと良いでしょう。